世の中を見渡すと、外からみて繁盛しているように見えてますが、実際は火の車という飲食店は意外に多いです。

外からお店を見てると、お客さんはひっきりなしに来店しています。

大変な賑わいです。

これならば「俺の店でもできそうだ」、と思って、繁盛をしているお店のことを真似をするオーナーは多いのではないでしょうか。

結論をいいますと、冒頭で述べた繁盛店に見えてるだけで、実は火の車状態の飲食店はとても多いです。

その事実に気が付かず、これが繁盛店ビジネスモデルなんだ!勘違いをしてお店を潰していきます。

逆もあります。

あなたが繁盛店側になっているパターンです。

外から見て、あなたのお店が急に店舗の数を増やして、どこのお店も繁盛しているようにみえれば、確実に他のお店のオーナーや会社に目を付けられます。

そして、あなたが大事にしている納品ルートやメニューをパクられ、企業がお金の力をつかい。

大きな資本力を盾に一気に販促をかけてきます。

あなたがその業界では先駆者にも関わらず。

さもその企業が初めて行ったことのように見せられて、それらを何らかのキッカケで知ったお店についていたお客さんまで、奪われていきます。

「なぜ、このようになったのか」は後で気が付くものです。

できれば事前に、ライバル店が盗む前に予防をしておきたい所です。

そこで、このページでは繁盛店の階段を上っている途中で、ライバル店にお客さんを奪われないために「簡単すぎるとマネされやすい」というテーマで説明をします。

 

備えあれば憂いなし

何をするにしても、不測の事態に備えて守りを固めておいたほういいでしょう。

それをせずに、新しいモノコトだけを得ようと邁進しているようでは、残念ながら途中で手痛いしっぺ返しに会います。

飲食店の経営においてそれは何?といえば、一つがビジネスモデル看板メニューや目玉商品のパクリです。

ご存知とは思いますが、料理やビジネスモデルには著作権がありません。

つまりお金さえあれば、誰でもマネができてしまいます。

また料理で言うと、マネされたとしてもそれを立証することは難しいです。

そのようなことを頭に入れながら、お店を経営していかなければなりません。

こんな話があります。

そのお店は地域では、そこそこ注目を浴びているレストランです。

地元のテレビなどにもよく出てくる常連でした。

ある企業のオーナーが偶然、そのレストランのテレビを見て知ることになります。

そして、レストランに食べに来て、帰り際にこう言いました。

「あなたの料理は素晴らしい!それに美味しいです。」

「丁度、会社でレストランを出すことになっていて、よろしければ料理の監修をしてもらえませんか?」 このように頼まれました。

断るのも申し訳ないので、仕事を受けることになります。

相手の会社に訪問して、セントラルキッチンのような所で料理を披露します。

その中で商品化できそうであれば、レシピなどを作成する。

このような仕事の進め方をしていたのです。

1年ほどその仕事をして、契約が切れたので監修の仕事は終わりました。

それからしばらくして、料理を見てもらっていた会社が、手伝っていたお店の近くにレストランをオープンしてきたのです。

料理は元々監修をしていたこともあり、自分のレストランと同じメニューです。

しかし、さすがは企業です。

資金があります。

キッチンなどの設備、そして豪華な内装。

どれをとってもお金の掛け方の次元が違います。

しばらくは、今までの常連のお客さんが来てくれましたが、広告宣伝にお金を出して、地域で一番影響力のあるお店となったのです。

料理の監修を手伝ったオーナーは、料理だけを教えたつもりが、結局。

地域のお客さんのシェアを奪っていきました。

もし、料理の監修をしていなければ、こんなことにはならなかったかもしれません。

店は潰れてしまいました。

この話は私の先輩の話です。

その先輩は人柄も素晴らしく、どんな人にも分け隔てなく接している方です。

 

知らないことは罪でしかない

中小で飲食店を経営しているオーナーは、他の業界で活躍しているオーナーと比べても、世間を知らない方が多いように思います。

自分の持ち味や、縛られない生活がしたくてオーナーになっている方が多いのである意味において仕方ないかもしれません。

しかし、どんなに自分の世界だけで生きていこうと考えても、お店を営業している限り、様々な人と関わり、協力したり、協力してもらったり…

としていかなければ、お店の維持は難しいでしょう。

例えば、お店で使うもの以外で必要なことは、商売をしていれば沢山あります。

上記の例で予防策が取れた方法の一つに、契約書を作成するために弁護士の力があれば、「自分のお店から半径何キロまではレストランをやらない」などの条項をいれられたと思います。

もし、契約時にそのような話をしていれば、相手側も無理な出店はしてこなかったと思います。

それに料理だけを監修して、隣町などにその会社がお店を出せば、自分のお店にもお客さんを呼ぶことだってできたのです。

はじめからそこに気がついていれば、お店を潰すこともなかったかもしれません。

料理や飲食店の事を熟知していることは素晴らしいです。

ですが、それだけでは、世間では生きていくことはできないのです。

そのために自ら率先して様々な世界のことを知る必要があります。