この記事をお読みのあなたに、はじめにお聞きしたいことがあります。

あなたには、誰か有名な歌手のファンでしょうか?

ちなみに、その歌手のコンサートチケットを手に入れて、行ったことあるでしょうか。

その手に入れたチケットは、正規の価格で購入したと思います。

なぜ、今の世の中なら探そうとすれば、「格安チケット」や「インターネットのオークションサイト」にでている「チケット」を買わなかったのでしょう。

ここに商売のコツが隠されています。

飲食店は、経営が苦しくなるとすぐにクーポン券などをばら撒き、お客さんに来てもらおうと考えます。

しかし。

この行為自体が引き起こす、大事なことに気がついていないのです。

先ほどの、歌手の話を思い出してほしいです。

その歌手の熱狂的なファンは、どうしても行きたいコンサートが合ったら値切ってまで買おうとはしません。

むしろ、正規の価格で買うことに対して、誇りとその歌手に対しての忠誠心として周りに自慢までします。

割引チケットをばら撒いている飲食店は、自分たちのお店のファンを裏切り、価値を下げているだけなのです。

このページでは「なぜ本当のファンは値切らないのか」を考察するとともに、どのようなマインドで取り組むべきなのかを説明します。

 

本当のファンなら値切ることはしない

お店の実力を測るうえで大事な概念があります。

お店についているファンの数です。

これは、どの商売でも言えることですが、ファンの数が多ければ多いほどその会社は安定していきます。

お店ではこれらのことを常連客と呼んでいます。

逆に、ファンの数が少なければ少ないほど、経営は不安定になり、いつもファンを付けるために、新規のお客さんに来店してもらわなければなりません。

とはいえ、ファンにも様々なタイプがあります。

このページで、話題にしているファン層は普通のファンではなく、もっと濃い熱狂的なファンです。

普通のファン程度では、他のお店に目移りします。

そして、「このお店もあのお店も」と、複数のファンになることを自慢します。

しかし、濃いファンになると、他に目移りすることはなくなりますし、何よりもあなたの商売がやりやすくなります。

本来の価格で販売したほうが濃いファンは喜ぶからです。

人は本来、お得に過ごせたり買い物をしたい生き物です。

でも、それは他のモノやサービスを比べている時だけに起こる欲求です。

本当にあなたのお店のファンなら、価格のことよりも別の異なる部分が気に入ってあなたのお店に通っています。

価格だけに反応するファンは、一応はファンなのでしょうが関係性は薄いファンと言えるでしょう。

 

熱狂的なファンを作る最大のコツ

もし、あなたに熱狂的なファンが一人でもいるならば、その人に「なぜそこまで好きでいてくれるのか」を聞いてみましょう。

1人いるならば、10人は熱狂的なあなたのファンを作ることができます。

しかし、一人もいないのならば、何かを変えないと本当のファンは獲得はできないです。

なぜ、熱狂的なお客さんがいないのかというと、あなたの、メッセージや行動に一貫性がないからに他なりません。

人は自分のことは、よく見えていなくても周りの事はよく見えるものです。

そして一貫性の中に、あなただけにしかないカリスマ的部分があればあるほど、ファンは付きやすくなります。

たとえば、普段はお店にずっとこもりきりで料理を作っている料理人が、毎月1回だけ、ある場所に行き大勢の前で講演を行っている。

大勢の前で講演する内容は、とても魅力的でパワーに満ち溢れているとします。

講演が終わり、聞きに来ているお客さんと名刺交換をして「○○食堂」と書いてある名刺を貰ったら、どんなことを感じるでしょうか?

そう、ギャップに惹かれます。

一貫性がある行動をとり続けたあとの結果が、思わぬギャップを生み出し熱狂的なファンになり店に頻繁に通う常連客を作りだします。

このように獲得したファンは、値引きチケットを渡して喜ぶでしょうか?

喜ぶどころか幻滅されます。

あなたの会社が継続的に繁盛したいなら、一人でも多くの熱狂的なファンをつけたほうがいいと言えます。

一貫性とギャップは狙ってできるものではないのですが、意識をすることで一貫性を貫くことはできます。