あなたは他で食事をする際、他のお店と比べてお店選びをしていますか?

 

このような質問をすると、殆どの方が「比較している」と答えます。

 

その際、どこを気にしてお店を決めたのか?とお聞きすると、価格と答える方は思いのほか多いです。

 

お店側も商品やサービスの売値を考えるとき気になるのが、他のお店の価格だと思います。

 

自分たちではこの商品は「素晴らしい!」と思っていても、他のお店で似たような商品がメニューに載っていることが多いでしょう。

 

結局のところ。

 

売値は他のお店との比較となります。

 

あのお店がこの値付けなら「うちも同じような価格にしなければ」とか。

 

「あそこは内装費用をウチよりはお金を掛けているから少し安めの価格にしよう」
と考えてしまいます。

 

では、他の店舗の価格との比較は、どのように考えて値決めをすればいいのでしょうか?

 

このページでは他のお店や会社との比較によって売値を決める方法を説明します。

 

 

他と比較して価格を決めるべきなのか

値決めの方法は他にもあります。

 

このページでお伝えする他のお店との比較の重要度は高めです。

 

原価から判断して値決めをする方法もあります。

 

しかし、原価から判断する際、価格設定を間違ってしまうと、将来取り返しのつかないレベルのマイナスになります。

 

会社の存続をが危ぶまれる可能性があるので、絶対に知っておかなければなりません。

 

価格を決めるとなると。

 

原価から判断する方法は最低基準として知っておいたほうがいいです。

 

これを最低限知っておかなければ商売が立ちいかなくなります。

 

しかし、これから説明する「他店舗と比較して価格を決める」よりは、
価格決定をする際の優先順位は低くなります。

 

最低限の基準を基本に「どれくらい利益を取ったらいいのか?」を先に決めていく方法のため。

 

他の要因である「比較」や「価値」などの方が重要度が高いということになります。

 

例えば「原価から計算」された価格では、「これくらい売らないと利益が出ない」という数字が出てきますよね。

 

しかし、あなたが行なっている業態(居酒屋など)で、その売値よりもはるかに高い価格で、
商品やサービスを提供している会社やお店がある場合。

 

原価から計算したのでは、到底あなたの会社は利益は出ません。

 

原価から判断する価格ではなく、その他のお店や会社が提供している高い価格を基準に値決めができる、考えられることが重要なのではないでしょうか?

 

高い価格で購入している方を基準とすれば。

 

お客さん自身もその価格が普通と思っているので、その価格で販売しても売れるであろう保証もあり、お店としても多くの利益が発生します。

 

このように考えると他者はライバルではなく、業界の価格基準を押し上げてくれている存在ということにも繋がります。

 

では逆に、他者や他店舗がかなり安く、商品やサービスを提供していたらどうすればいいでしょう。

 

その場合は、自社で提供しているブランド化や価値を創造をして
その価格を基準にして、さらに上位メニューを販売するなど、高価格にしてしまいます。

 

これは大事なので覚えて欲しいのですが。

 

お客さんの購買心理のなかで「安いから買う」という理由と同じで、
「高いから買う」という理由もあることを覚えてください。

 

「比較」できる存在があることは、価格を決める上でとても重要です。

 

比較されて始めてあなたが提供している商品やサービスの価値が解る、とてもありがたい存在なのです。

間違った比較

他店舗との比較を考えるとき大事なことがあります。

 

それは、比較検討した後にどのような値決めすることです。

 

しかし、多くの店主は間違った方法で値決めをしています。

 

一番、これはチョットね…と側で見ていて思うことは、他店舗よりも「安くする」という
小学生4年生でも考えつく選択です。

 

もし、このような選択をしてしまっているかもしれないと、ギクッとしていても大丈夫です。

 

このあとの記事を何度もお読みになり、役立てていけば必ず上手な価格設定が可能になります。

 

どうして、このような誰にでも解ってしまう選択をしてしまうのでしょうか?

 

「安くしなければ売れない」とか「安くすることがお客さんのため」という、
オーナー特有の間違った思い込みです。

 

もし、あなたが何らかのこの後のことを考えて、わざと安く販売しているなら素晴らしい思考です。

 

しかし、わざと安くしているのに、何もこの後のことを考えていない戦略の場合以外は残念ながら間違っています。

 

比較することとは、少し難しい言い方になりますが。

 

自社や自店舗の商品やサービスを、あなたが属している市場の「どこの位置に届けるか」
という判断の目安なのです。

 

このような思考で、ワザワザ考え抜かなければならない理由は、安く売るためではなく高く売るためです。

 

でも実際は、安さを求めているお客さんは存在します。

 

あなたの会社やお店が慈善事業やボランティアであれば、安く提供してもいいかもしれません。

 

しかし、商売を継続していく上で。

 

アル一定のニーズがあるお客さんに対して、継続して商品を提供をしてその対価としてお金をいただき、
その事業を継続するために、必要とされる「利益」を出していく使命が会社にはあります。

 

それに、お客さんは安さだけを求めて消費はしていません。

 

高いから買いたい、食べたい、行ってみたい、と思っているいるお客さんはいます。

 

自分らしさや、自分の時間が持てるから高級店で食べる、というように。

 

様々な食事する理由、来店する理由があることを認識しておいたほうが、無理なく価格アップができます。

 

売上も必要とされながら自然に伸びていきます。

 

 

他店舗の倍額の客単価を実現したお好み焼き

これは私が以前にコンサルをしていたお好焼き屋の話です。

 

それまでは、毎月売上に伸び悩み目標の月商まで、なかなかたどり着きませんでした。

 

お店の特徴としては、1ヶ月間にそのお店に来店するお客さんの数は席数から考える多い方です。

 

そこで目標売上に早く到達するためには、客単価を300円程度あげてみたらどうか、とご提案しました。

 

現在提供している商品全て上げる訳にはいかない。ということでしたので
主力商品だけでもあげたらどうか」
と再度ご提案しました。

 

たった300円の値上げと思うかもしれません。

 

でも、お好み焼きの単価を300円上げる、ということ自体。
とても勇気のいることだったと思います。

 

少しづつお客さんの反応を見ながら上げていった結果。
コンサル期間中に目標の売り上げまで到達することができたのです。

 

飲食店は単品をなるべく安くして、料理の注文数を多くして売り上げを上げていくのが
居酒屋などでは鉄板の方法です。

 

しかし、商売には「こうしなさい」などが書いてあるルールや教科書などはありません。

 

だからこそ、お店にあったことを見つけたほうが、価格アップを実現しやすいですし
売上も伸びていきます。

 

ちなみに、この記事をお読みの方は飲食関係の方だと思います。

 

当然なんとなく、お好焼きの原価は想像つくでしょう。

 

この案件は提供している内容を一切変えていません。

 

つまり原材料費は以前のままです。

 

300円値上げをした利益を計算するとわかりますが、確かな事実としては以前に増して、
売上が伸びて利益率が良くなったことです。

 

このように安いだけの一辺倒が商売ではありません。

 

そしてお客さん自身も、毎回安いお店だけを求めているわけでもないです。

 

先週は大衆居酒屋で飲んで、今週は高級ワインバーで飲むかもしれません。

 

私たちのプライベートでも様々なお店へ行くように、お客さんも同じです。

 

くれぐれも、他店舗と比較するときは価格だけで自分のお店の価格を
決めない方がいいでしょう。